前へ
次へ

不動産売却時の内見対応時のコツについて

私の友人は今住んでいる一軒家を不動産売却して、その資金を元手に新天地で新居を構える計画を立てていました。そのため、不動産売却仲介会社を決めて、買い手を探していました。その一軒家には現在も住んでいるため、内見はもちろん立ち会いました。内見の時に気をつけたことや、不動産売却仲介会社から受けたアドバイスについて紹介します。まず一つ目は、掃除や片付けをきちんと行う事です。これは自分でも気をつけなければならないと感じていましたし、不動産売却仲介会社からもしっかりとしておくようにと言われていたそうです。やはり、購入希望者の方にはこの家に住みたい、この家に住むとこのような生活が出来るのかという具体的なイメージを持つために内見に来る人が多いです。そのため、清潔感のある生活を見せる事は非常に重要です。特に水回りは根に理に掃除したようです。二つ目は対応は常に笑顔で、質問にも正直に答えることです。周辺の環境、交通の便の情報などが聞かれる事が多いです。また、この家のいい所や悪い所なのも、購入希望者は知りたい点です。現在の入居者の対応が誠実で、嘘をつかず正直に答えることは、その物件への魅力をアップする事に繋がると不動産売却仲介会社に言われたそうです。そのため、友人も出来るだけ正直に答えたと言っていました。もし、不動産売却をご検討中の方は、参考にしてみて下さい。

Page Top