前へ
次へ

町の不動産屋なら地元に根付いた不動産売却ができる

昔から地元に根付いている不動産会社はその地域の事情に精通しています。周辺環境や学区やスーパーなどを把握しており、購入希望者に適切なセールストークをしてくれます。勘が鋭い会社もあるので良い不動産売却をしてくれるでしょう。また、大手に比べて柔軟性が高い対応をしてくれます。大手だとマニュアルにのっとり社内ルールが厳しく制定されています。できませんと言われた不動産売却の事案でも、中小の場合はできますよといわれることも多いです。親切な担当者なら、大手よりも満足して不動産売却できるでしょう。しかし、地元の不動産会社はフランチャイズではないので社長の能力で不動産売却が左右されます。社長に高い意志があれば機動力や専門性が高いです。地域物件の専門性が高ければ買主に良いアピールができて、早く不動産売却にこぎつけます。ただし、昔ながらの旧態依然とした不動産会社も残っています。サービスの質は会社によって激しいので事前に調べておきましょう。大手と地方、それぞれにメリット・デメリットがあります。目的と物件に合わせて不動産売却をする会社を選びましょう。また、大手のように大々的な広告を行わないので買主の認知度は低くなります。

Page Top