前へ
次へ

不動産売却時に更地にした方がいい条件について

私の祖母が住んでいた一軒家がありましたが、祖母が亡くなった事をきっかけに不動産売却をすることになりました。その際、一軒家は解体して更地にしました。その時に更地にするかどうか相談した不動産売却仲介会社とのやり取りを紹介します。まず、建物の状態についてです。祖母の家は築40年以上が経過していました。家は祖母が亡くなる直前まで出入りしていたので、そんなに傷んでいませんでした。しかし、ベランダは床が抜けていました。そのため、不動産売却仲介業者の話では、このままの家の状態では買い手が見つかる可能性が低いという話でした。二つ目の要因は、土地柄でした。祖母の家は、地方都市の中心部からはやや外れた、郊外の住宅地でした。昔からの家が立ち並んでおり、同じような条件の不動産売却希望者がすでに多くいる状態でした。そのため、今のままでは競争相手が多く、不動産売却価格が値下がりしてしまう事が予想されました。このような観点から、解体費用が掛かるものの更地にした方が買い手が見つかる可能性が高いと判断しました。結果、無事に不動産売却が成立して、買い手が見つかり、今では新築の住宅が建てられました。

Page Top