前へ
次へ

不動産売却の主な売り方は2つある

不動産売却を検討している場合、売り方に複数の方法があることを理解しておくことが重要です。不動産売却の方法を理解して行動することで、納得できる売却を可能とします。一般的に不動産売却の方法として存在しているのは、仲介と買取の2種類です。仲介というのは、不動産会社に買い手を探してもらい、買い手との交渉を不動産会社に一手に任せる方法を指します。不動産会社はあくまでも仲立ちとしてサポートし、売買が成立したときに仲介手数料を支払うことが義務です。メリットとなるのは不動産売却に関して詳しくない人でも手軽に利用できることと、交渉を任せることができるため安く買いたたかれなくて済むことといえます。対して買取に関しては不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。不動産会社に買い取ってもらう方法の場合、仲介よりも割安な価格で買い取ってもらうことになります。しかし、不動産売却成立を早めに済ませたい人や、不動産売却をそのまま行うのは難しい物件を売却しようとしている場合などに便利です。

Page Top